眠リズム研究所研究結果:「睡眠は量より質」

東京大学も認めた睡眠力でストレス耐性を高めて強制的にリラックスさせる♪
休息サプリ

POINT自律神経を整えて美容成分配合♪

スッキリ目覚めたい

  1. 朝スッキリ目覚めたい
  2. 昼眠くなる
  3. 寝ても疲れが取れない

 特別キャンペーン詳細

心身消耗による慢性不眠に
北の夢しずくの効果

負荷の掛かった身体の内側から癒やす成分配合

北の大地の夢しずくの口コミ

  1. ストレスや悩み有
  2. 疲労リセットが不可能
  3. 寝付きが悪い

 1日107円<通販限定>

中途覚醒などの症状なら
熟眠ハーブの効果

ストレス性の睡眠障害に改善成分配合で熟眠の感動を

自律神経失調症改善

  1. 毎日イライラ
  2. 運動不足で冷え性
  3. 途中で目覚める

 66%OFFの特別期間

ノンレム睡眠で神経細胞を整える神経活動の一部始終

人間はノンレム睡眠で「脳の休息(ノンレム睡眠)」と「体の休息(レム睡眠)」をさせています。

 

一般的にこのノンレム睡眠の波が正常に機能することができていれば、大脳と身体の筋肉の力が抜けて、ぐっすり眠れている状態になることが出来ます。

 

ノンレム睡眠の神経細胞を整える神経活動の一部始終が、単純に解説するとこの様な段階を経て安定した精神と、活発な身体を毎日維持することが出来る原点になります。

 

このノンレム睡眠の波が崩れていると代謝の悪化や血行不良、体内の酸素の取り込み低下であったり、健康に必要な機能を損なってしまう事になります。

 

神経細胞を整えるには睡眠以外に腹式呼吸も効果的です

 

睡眠以下にも神経細胞を整える簡単な方法が腹式呼吸で、リラックス、安眠、胃腸の働きといった人が健康で快適にくらすために必要な機能を正常に作用します。

 

体内に多くの酸素を取り込むことで、ストレスが減少となります。それに伴って代謝や血流は正常へと改善されます。これに伴って大きな声が出せるように変わってきます。

 

相乗効果として、内臓も正常な位置にもどされます。これが姿勢をよくします。身体の健康保持には、しっかりとした深い呼吸、これが大きく影響を与えています。

 

深い睡眠のノンレム睡眠とは、身体、脳ともに休息状態であり、ホルモン分泌が行われています。深い眠りの状態で無理に起こしても、なかなか目覚めにくいということにつながります。

 

夜間に副交感神経が優位にして自律神経のバランスを整えましょう

 

ストレス、生活習慣がもとで自律神経とはバランスを崩します。自律神経のバランスが崩れてしまうと、夜間副交感神経が優位になるはずが、交感神経が優位な状態へとなり、スムーズに眠れない、そういう支障がでてきます。これが長期化すると不眠症を発症、そういう連鎖をうむこともあります。

 

質の良い睡眠をとるためには、自律神経のバランスは外せません。とくに副交感神経は睡眠にとって重要な役割を果たしています。

 

ノンレム睡眠では、ドーパミンニューロンの働きをセロトニンニューロンが抑制します。

 

それが深い眠り、ノンレム睡眠につながります。入眠時に深い眠り、ノンレム睡眠状態にするには、セロトニン神経の発達が必要不可欠でしょう。それを可能とするには日中の覚醒レベルこれが大きく関係しております。ドーバミン系神経の発達に関しては、遺伝が大きく関係しています。

 

MCH神経と呼ばれる神経の働きを制御するものが睡眠を制する

 

人は入眠中ノンレム睡眠とレム睡眠を90~120分のサイクルで朝目覚めるまでに繰り返しています。

 

ノンレム睡眠とは、頭と身体、二つとも休息状態です。レム睡眠は、頭は活動しています。身体は休息状態です。ノンレム睡眠とレム睡眠は、MCH神経と呼ばれる神経によって制御されていると言われています。

 

こちらの神経が正常に働くことで、きちんとした眠りのリズムが行われると言えるでしょう。つまりMCH神経がきちんと働きをしなければ、きちんとしたノンレム睡眠、レム睡眠の切り替えができなくなり、深い眠り、質のよい睡眠が難しくなるわけです。

 

そうなれば、たまったストレスも解消とされず、疲れもたまる一方です。

 

眠りに関係するMCH神経とは、睡眠以外にも運動や食欲など人間が生きて行く上で行うことを、制御しています。MCH神経の状態が悪くなれば、これらの制御もきちんとできなくなる場合もあるでしょう。

 

睡眠と脳、神経、これらはさまざまなところでつながっており、どれもが正常である必要があります。人間にとってかかせないもの、MCH神経をより快適に正常に働かせるため、ノンレム睡眠とは、重要な役割を担っております。

 

深い眠り、質のよい睡眠を日々とるためには、生活リズム、睡眠リズムを整えることを意識しましょう。目覚めが悪い、スッキリしないと日々感じる方は、それにプラス、不眠解消サプリメントを日々の生活に取り入れましょう。それでMCH神経も正常な機能が保たれますよ。

不眠症の改善方法の意外な要因BEST2

女性ホルモンのバランスの乱れで睡眠の質が変わります
30代を過ぎてから身体の変化を感じるたり寝付きが悪い、不安やストレスを感じる女性ならではの睡眠障害には月経の前後が絡んでいるケースが多く、その場合には劇的に効果を洗わせてくれる成分がたくさん配合されています。
モニター調査で82%が納得した実績有り
男性女性問わずに、朝スッキリ目覚めたい方から翌日の調子が毎日悪かったり、夜中に目が覚める方に効果を期待できる成分が配合されています。