眠リズム研究所研究結果:「睡眠は量より質」

東京大学も認めた睡眠力でストレス耐性を高めて強制的にリラックスさせる♪
休息サプリ

POINT自律神経を整えて美容成分配合♪

スッキリ目覚めたい

  1. 朝スッキリ目覚めたい
  2. 昼眠くなる
  3. 寝ても疲れが取れない

 特別キャンペーン詳細

心身消耗による慢性不眠に
北の夢しずくの効果

負荷の掛かった身体の内側から癒やす成分配合

北の大地の夢しずくの口コミ

  1. ストレスや悩み有
  2. 疲労リセットが不可能
  3. 寝付きが悪い

 1日107円<通販限定>

中途覚醒などの症状なら
熟眠ハーブの効果

ストレス性の睡眠障害に改善成分配合で熟眠の感動を

自律神経失調症改善

  1. 毎日イライラ
  2. 運動不足で冷え性
  3. 途中で目覚める

 66%OFFの特別期間

仕事のストレスを翌日に引きづらないメカニズムは?

仕事のストレスを翌日以降に引きづらないためには、睡眠中も覚醒状態にならないように「熟睡する」事ができるかどうかがキーポイントです。

翌日の朝に眠気を引きずっている、イライラが残っているというのは緊張状態が継続してしまって、睡眠慣性が低くなってしまっているというメカニズムがあります。

 

分かりやすく説明するとストレスの持ち越しで、自分自身の睡眠のパフォーマンスが下がって、深い眠りに付くことが出来なくなり、更にストレスが増していくという悪循環にはまっていくことになります。

そんな悪循環にハマる前にストレスによるイライラを睡眠で消し去ることが出来るのがこちら。

ストレスによる休息睡眠サポートサプリ「熟睡したい方専用」

人が緊張状態になる時のメカニズム

 

人は緊張や興奮状態になると、ニューロンが活発化すると言われています。

 

適度な運動をすることにより、活発化するニューロンを抑制することが出来ます。ニューロンとは、生物を構成する神経細胞のことです。適度な運動をすることは、脳内の興奮性の神経伝達をコントロールするギャバを多く放出するという効果も期待できます。

日々のストレスを解消するメカニズムとは、脳内のセロトニンをコントロールする、これが脳ストレス解消につながっていきます。

 

つまりうまく脳内のセロトニンをコントロールできれば、日々のストレスを引きづることなく、解消できるということにつながるでしょう。

脳内にある物質ノルアドレナリンは外部からの刺激をつける度合により、脳内に分泌される量がかわってきます。より多く分泌されることがおきると、人は切れやすくなったり、場合によってはうつ病を発症させるといった負の連鎖を生んでしまうこともあるのです。

 

脳内の物質には、ドーパミンという物質もあります。

 

こちらの物質も分泌される量により事情は異なります。たくさん分泌されることが何らかの理由でおこることにより、自身の欲望を自身の力で制御不能、コントロールができなります。

 

仕事のストレス不眠症や買い物依存症などは、ドーパミンが関係していると言われています。

 

ドーパミンやノルアドレナリンはセロトニンによりコントロールされています。つまりセロトニンがこれらをうまくコントロールすることで、自身の欲望をコントロールしたり、怒りを抑えたり、心の不安を安定へともっていくことができるでしょう。

 

つまり脳内のセロトニンを増やすこと、これが翌日にストレスを繰り越さないことであり、それには、一つ、人とのスキンシップ、共感が分泌を促してくれます。

 

食べ物で増やすという方法もあり、トリプトファン、ビタミンB6、炭水化物を多く含むものを食べる、これもセロトニンを増やすことにつながります。食事をする際よく噛むということも、効果があると言われています。

手軽にサプリメント手軽にこの様な作用を体感したい時にサプリメントは手っ取り早く確実なのでオススメです。

 

”” 脳内の興奮状態を抑制することが出来る成分配合のサプリがこちら ””

 

そして睡眠にはメカニズムがあり、そのメカニズムにあった睡眠をとることで、ストレスのない質のよい睡眠がとれます。睡眠と人間の体温のリズムとは、常に相互関係にあるということですね。

浅い眠りと深い眠りには体温のリズムが関係している

 

浅い眠りと深い眠りには体温のリズムが深く関係していて、朝めざめた時から徐々に体温は上昇します。午後7から9時前後より徐々に体温は下がってき、午前4時前後が一番低い温度となります。

 

一日の中で睡魔・眠気とは二度おこります。その睡魔・眠気と体温とのリズムとは密接していて、それが、深い眠り、良質な睡眠に大きく影響を与えています。

 

体内の深部体温が下がるころ、就寝とすれば、より質のよい眠体温のリズムりがとれ、体内の深部体温が下がる時期に食事を摂取したとします。体内の深部体温は上昇し、眠りも浅くなる場合があります。

 

 

この睡眠の原理原則を知っておくことで翌日に疲れを持ち越さない身体に変えていくことは可能になっているので、ストレスを溜めにくい人はこれらのことを無意識的にか意図的に行っている傾向があります。

 

あなたの生活ではどうでしょうか?

 

睡眠の見直しまずは睡眠という物自体を見なおして見る価値は充分あるので、参考人検討してみてください。

不眠症の改善方法の意外な要因BEST2

女性ホルモンのバランスの乱れで睡眠の質が変わります
30代を過ぎてから身体の変化を感じるたり寝付きが悪い、不安やストレスを感じる女性ならではの睡眠障害には月経の前後が絡んでいるケースが多く、その場合には劇的に効果を洗わせてくれる成分がたくさん配合されています。
モニター調査で82%が納得した実績有り
男性女性問わずに、朝スッキリ目覚めたい方から翌日の調子が毎日悪かったり、夜中に目が覚める方に効果を期待できる成分が配合されています。