眠リズム研究所研究結果:「睡眠は量より質」

東京大学も認めた睡眠力でストレス耐性を高めて強制的にリラックスさせる♪
休息サプリ

POINT自律神経を整えて美容成分配合♪

スッキリ目覚めたい

  1. 朝スッキリ目覚めたい
  2. 昼眠くなる
  3. 寝ても疲れが取れない

 特別キャンペーン詳細

心身消耗による慢性不眠に
北の夢しずくの効果

負荷の掛かった身体の内側から癒やす成分配合

北の大地の夢しずくの口コミ

  1. ストレスや悩み有
  2. 疲労リセットが不可能
  3. 寝付きが悪い

 1日107円<通販限定>

中途覚醒などの症状なら
熟眠ハーブの効果

ストレス性の睡眠障害に改善成分配合で熟眠の感動を

自律神経失調症改善

  1. 毎日イライラ
  2. 運動不足で冷え性
  3. 途中で目覚める

 66%OFFの特別期間

漢方成分と不眠対策サプリの由来成分を比較

不眠対策として漢方薬や不眠対策サプリメントを活用し、体質から改善しましょう。

 

漢方薬で不眠を改善するメリット・デメリットは?

 

漢方薬は、睡眠薬とは違い直接症状に働きかけるのではなく、体質改善をさせて体の免疫力を高め、改善していくのです。体の根本から体質改善をし、熟睡できる体質を徐々に作っていくのです。

 

 

icon-finger1-b また、一度不眠が改善して漢方薬をやめたらまた不眠になったといった可能性も少ないでしょう。

 

デメリットとしては、効果が現れるまで時間がかかるということです。最低でも1ヶ月は飲み続けないと効果は感じられないでしょう。また、自分の体質に合った漢方を選ばないと他の部分で体調を崩す可能性があります。

 

睡眠薬と比べると副作用は低いですが、人によってはアレルギーのような副作用があるかもしれませんので注意が必要です。

 

睡眠サプリのメリットデメリットは?

 

睡眠サプリは睡眠薬や漢方と違って薬という種類ではなく、食品という種類にあたります。

 

サプリメントにはグリシンやギャバ、トリプトファン、アミノ酸など不眠解消に期待ができる成分がたっぷりと配合されています。科学的に睡眠を改善する効果があるとされている成分を手軽に摂取することができるのです。

 

 

デメリットはというと、漢方と同様、即効性が期待できるものではありません。飲み続けることでじわじわと効果が実感できるのです。

 

サプリでのデメリットというとこのくらいでしょうか。

 

結果、不眠には睡眠サプリ!

 

不眠対策サプリメントは天然の食材より作られており、副作用や依存性も少ない、またはないと言えるでしょう。

 

漢方薬も睡眠導入剤や睡眠薬と比較すれば副作用や依存性は少ないと言えますが、不眠対策サプリメントの方がさらに長けています。

 

その上、味やにおいが漢方薬には癖がありつかいづらいと言えるでしょう。幅広く使うのは難しいと思います。

 

ストレスに弱い どちらも体質から改善する目的のものであり、速効性は低いものではありますが、不眠になりにくい体質へと促してくれます。完治と再発防止に大きく貢献してくれるものです。

 

人は出産や加齢とともに自然に体質等も変化していきます。変化しているなら、対応も変えていくべきでしょう。変えないから支障がでるのです。太ったのなら痩せればよいでしょう。しかし加齢を止めることはできません。

 

機能低下や成分減少を日頃の生活習慣改善やサプリメントで成分補給しましょう。加齢を恐れる必要はありません。ただサポートをきちんと行えばよいのです。

不眠症の改善方法の意外な要因BEST2

女性ホルモンのバランスの乱れで睡眠の質が変わります
30代を過ぎてから身体の変化を感じるたり寝付きが悪い、不安やストレスを感じる女性ならではの睡眠障害には月経の前後が絡んでいるケースが多く、その場合には劇的に効果を洗わせてくれる成分がたくさん配合されています。
モニター調査で82%が納得した実績有り
男性女性問わずに、朝スッキリ目覚めたい方から翌日の調子が毎日悪かったり、夜中に目が覚める方に効果を期待できる成分が配合されています。