お酒がないと眠れない!睡眠障害とアルコールの危険性

寝酒

お酒がないと眠れない!睡眠障害とアルコールの危険性をご紹介しましょう。

 

お酒がとても好きで夕食のときのお酒のために仕事を頑張っているという人も多いでしょう。でもそれ以上に多いのが「お酒の力を借りないと眠れない」という理由で飲んでいる人がほとんどなのです。

 

でもぜひ知っておいてほしいのです!アルコールのリスクを・・・

 

アルコールは余計に睡眠障害を酷くする

 

お酒を飲むと確かに眠りにつくまでのスピードは早くなります。でも睡眠の質を悪くするために深い眠りにつけなくなってしまうのです。お酒を飲んでいないときには静かに眠る人が、お酒を飲んで寝るといびきや歯ぎしりをしてしまうということは眠りの質が悪いということなんです。アルコールが体のあちこちの筋肉を緩めるために無意識的に行ってしまう症状です。

 

アルコールは当然ながら量が増えると、そのぶん眠りの質も悪くなります。体重1キロあたり1gほどの中等量のアルコールでは、睡眠前半の深い睡眠は増えますが、後半には浅い眠りが増え、夜中に目覚めやすくなったり、早い時間に目が覚めてそこから眠れないということもあるのです。

 

ポイントそしてアルコールを飲んで寝付くような習慣がついてしまうとアルコール依存症へと繋がっていきます。

 

アルコール依存症のリスク

 

お酒を飲むということは気分を緩めてストレスを解消するにはいいかもしれません。でもその代償が大きいことは忘れないでください。

 

↓アルコール依存症になったときの健康リスク↓

脂肪肝・・・肝臓に脂肪が以上に溜まる

アルコール性肝炎・・・アルコールの過剰摂取によって肝臓が炎症を起こしている状態

肝硬変・・・肝臓の働きが果たせなくなり肝機能の低下が起きる

糖尿病・・・アルコールを飲みすぎて血糖値が上がりすぎている状態

高血圧・・・アルコールを長い間過剰に飲み続けると起こる症状

動脈硬化・・・動脈がアルコールによって固くなってしまい血液をうまく送り出せず心臓に負担がかかる状態

 

このように、一度かかってしまうと治療が難しい病気ばかりです。アルコールには薬物のような中毒性がありますので、意識的に変えていくことをしなければどんどん抜け出すことができなくなってしまいます。

お酒がないと眠れない悩みの方に早く始めて欲しいこと⇒

 

お酒に頼らなくても眠れる救世主!

 

お酒を飲まないと眠れない状態が続くと恐ろしい結末が待っているということはわかりましたよね。結果的には、お酒に頼らなくても眠れる方法があるんです。そもそも眠れない原因というのはストレスと言われていますが、「ストレスをなくせ」と言われてもなかなか難しいですよね。

 

ではどうするのか?

チェックそれは、休息サポート飲料を頼りましょう!

 

実はストレスは摂取する栄養素によって緩和することができるんです。休息成分の代表として有名なのがレスベラトロール・クワンソウです。これらの成分はストレスによって受ける体や心のダメージを緩和してくれます。

きっとお酒を飲まないと眠れないと思いこんでいた人も、びっくりすること間違いなしでしょう!

 

⇒吸収力にこだわってドリンクタイプ!今日からお酒を休息サポート飲料に♪

 

 

コメントは受け付けていません。