深部体温を下げる方法

あくびをする女性

深部体温を下げる方法をご紹介しましょう。眠りが浅い、朝起きても体がダルい、こんな経験ありませんか?

 

それはあなたの体温の高さに関係があるんです。深く眠るためには「深く眠るための体温」というものがあるんです。つまり深く眠るためには体温を下げる必要があります

 

 

 

なぜ深く眠るために体温を下げなくてはいけないの?

 

ポイント人間の体というのは、体温を下げないと体を休ませることができない構造になっています。そのため人は寝る前に手足の温度をあげそこから体内の熱を放出しようとします。そうすることで体内の深い部分を冷やすことが出来るんです。その体の深い部分を深部体温と言います。

 

子供が眠るときに体がすごく暑くなるのはそのためです。手足から熱を出して本能的に体温をコントロールしています。

 

手足から熱を出し、そして血液も冷やし、その冷えた血液を体内に流すことで体温を下げることが出来るという仕組みになっています。特に、一日中働きっぱなしの脳は下げなければいけないポイントです。

 

深部体温を下げるためにはどうしたらいい?

 

深い眠りにつくためには体温を下げなくてはいけないということはわかったと思いますが、そのためには一度体温を上げることが重要になってきます。なぜ一度温めるかというと、深部体温を上げることで体が本能的に下げようとする働きを持っているからです。

 

深部体温が高いままだと、寝付きが悪くなったり、熟睡できないという睡眠問題になってしまいます。それを避けるためのポイントがいくつかあるのでご紹介しましょう。

 

1.寝る前にぬるいお風呂に入る

入浴は体温を上げるだけでなくリラックスをすることができます。38~40度までのぬるいお湯に20分程度浸かってください。熱いお湯に長い時間浸かってしまうと交感神経を刺激してしまい、寝付きが悪くなる原因となります。

 

2.寝る2時間前にストレッチをする

寝る2時間前にストレッチをすることで体温を上げることができ、その上昇した体温を下げようと本能的に体が体温を下げてくれます。過度な運動をしてしまうと体温が上がりすぎてしまうので注意しましょう。

 

3.寝る前に睡眠サプリを飲む

睡眠サプリを飲むことで深い眠りにつくことが可能です。しかも入浴やストレッチのように面倒がないのでお手軽です。寝付きが悪いという原因は不安や疲労が原因の場合が多いので睡眠サプリは誰でも簡単に不眠を断ち切ることができるきっかけになるサプリだといえます。

 

⇒長年の研究で発見した休息成分配合の人気の睡眠サプリはこちら

 

まとめ

睡眠

チェック睡眠の質を高める方法としていちばん大切なのは、深部体温を下げることです。

 

なかなか寝付けない、翌日に疲れが残っている等といった悩みが少しでもあるのならぜひ試して欲しい方法と言えます。睡眠が及ぼす影響というのはみなさんが思っているより遥かに大きい体の不調へと変わっていきます。ですから重症化にならないためにも積極的に活用してほしいと思います。

 

コメントは受け付けていません。