早朝覚醒の治し方病院に行くべき?

早朝に目が覚めてしまいその後眠りにつけない状態が一ヶ月以上続いている場合に早朝覚醒と言います。

一度目が覚めても再び眠れる場合は早朝覚醒とは言いませんのでそれほど心配する必要はないと思われます。

 

早朝覚醒の原因はうつ病?

早期覚醒

うつ病患者の方が睡眠に悩みを抱えていることが多いのは一般的といえますが、うつ病の方が全員早朝覚醒になってしまうとは言い切れません。

うつ病を伴う早朝覚醒の場合、朝早くから目が覚めてもベッドから出る気力が出ないのが特徴です。

そしてベッドの中であれこれとマイナス要因を引っ張り出してマイナス思考になっている場合は、メンタルクリニックに行くことをオススメします。

 

メンタルクリニックに行くまでもない早朝覚醒を早い段階でリセットできるサプリ⇒

 

加齢とうつ病の早朝覚醒の違いって?

うつ病を伴う早期覚醒

加齢からくる早朝覚醒の特徴として、朝早く目覚めたら、寝とくのももったいないし行動しようというのが特徴です。

この場合、加齢による自然現象のため眠れない原因を探るよりも受け止めるに留まるくらいでちょうどいいと言われています。

あまりシリアスにならないことです。

 

こんな場合でも少しでも気になる方は軽めの運動を昼間にしておくことえ質のよい眠りが短時間でも取れうようになるので意識的に身体を動かしておくことがポイントです。

睡眠薬では根本的な解決法にはならない

 

残念ながら睡眠薬でうつ病は治らない

睡眠薬が根本的な解決にはならないことを意味するだけでなく、薬が無いと眠れないという症状を引き起こしている方々が少なからずいると言うのが現状です。

ポイント眠れないから睡眠薬を出すやがて睡眠薬が効かなくなる強い薬を処方してもらうようになる投薬なしの生活になかなか戻れない。

 

だからこそ自然な形で、できるだけ自分の力で根本的に改善していく方が結果として薬に頼らず心身共に健康な状態に戻す事ができます。

本来人間は自然治癒力を兼ね備えていますから。病院頼みにならない。

 

チェックサプリなら積極的に摂ってもOK

既に睡眠薬を落ちいて治療をしている方の場合は、「断薬の方法」をまとめていますのでそちらをチェックしてください。

まだ睡眠薬は飲んでいない。もしくは飲もうとしているけど迷っているという方はサプリメントから始めることをオススメします。

サプリメントは食品なので依存性はありません。では効き目がないんじゃないの?と思われるかもしれません。確かに即効性はありません。

しかしそれがメリットなんです。落ちるように眠る睡眠薬と違い身体に優しい。

 

自分の力でリズムを整えてくれるので結果的に健康になれる。

これがもし睡眠薬だったとしたら、手放しで健康になれるには案外時間を要してしまうことにもなりかねないことを頭に入れておきましょう。

 

市販の睡眠薬を買いに行く前に効果のあった睡眠サプリ⇒

 

コメントは受け付けていません。