レム睡眠とノンレム睡眠のまとめ

睡眠

レム睡眠とノンレム睡眠のまとめ参考にして睡眠のメカニズムを知りましょう。

 

睡眠には浅いレム睡眠と、深い眠りのノンレム睡眠があります。眠りにつくとまずノンレム睡眠が現れ、次に浅い眠りのノンレム睡眠へと移行します。私達の眠りは性質の異なる種類で約90分感覚で一晩に4,5回繰り返されます。

 

脳の眠り【ノンレム睡眠】

深い眠りで脳も体も休んでいる状態を言います。

・入眠直後に現れる

・夢はほとんど見ることはない

・体を支える筋肉は働いている

体の眠り【レム睡眠】

体は深く眠っているのに、脳が起きているような浅い眠りの状態を言います。

・眼球がキョロキョロ動く

・夢を見る

・体のチカラが完全に抜けている

 

ノンレム睡眠は脳を休ませる大事な睡眠

 

ノンレム睡眠の場合は、副交感神経が優位になっているため、心臓の鼓動もゆっくりになり心も体もしっかり休められている状態です。副交感神経は、交感神経と絶えず入れ替わりながら体の機能を維持しているのです。レム睡眠で副交感神経を徐々に減らしていき、休みすぎて止まらないようにうまく休めているというわけです。

 

ポイントつまり、レム睡眠のときには自律神経を休ませノンレム睡眠のときには脳を休ませ、といったように交互に休息を取れるようになっているのです。

 

このようにうまくノンレム睡眠、レム睡眠が取れていないと眠ったのに疲れが取れていない、朝なかなか起きられない、というような問題が出てきます。夜中に何度も目が冷めてしまう人や早すぎる時間に目が覚めてそこから眠れないとなると、疲れは取れていないでしょう。それが1,2日なら問題は無いですが、毎日続くようなら不眠は体の不調へと変わってきますので、注意が必要です。

 

眠れないのに頑張らなければならない毎日から開放!その方法は⇒

 

睡眠は長さだけではなく質が大事

 

目覚め

レム睡眠とノンレム睡眠がうまくいかなくて不眠症になっている場合、眠れたといってもウトウトが朝まで続いている状態かと思います。それでは体だけではなく心も疲れたままでしょう。ストレスまみれの心を休ませてあげないと深い休息を得られることはないと思います。

 

睡眠の質を確保するためには、気持ちよく眠りにつけるということが大切です。

 

そのためには、日中に太陽を浴びるということはもちろん、眠りを誘導してくれるホルモン分泌を夜に高めるということです。そのためにはストレス状態をリラックス状態に切り替えなければいけません。それをサポートしてくれるのが、睡眠サプリ。

 

ポイント1睡眠薬とは違いサプリメントなので、依存性もなく毎日安心して飲むことができます。睡眠薬のような強制的な眠りを誘うのではなく自然に近い方法で眠りにつくことができますのでとてもオススメです。「眠れない」という悩みを持っている方はぜひお試しください。

 

⇒満足に眠れなかった日々が続いていた私が改善できた方法はコレ!

 

コメントは受け付けていません。